ハンター長靴

ハンター長靴の最初の"オリジナル"グリーンハンターウェリントンは1954〜1955の冬英国でデビューしました。



それから50年、今では英国のカントリーライフを語る上ではハンター長靴は、なくてはならない存在となっています。



その"オリジナル"のハンター長靴の生誕50周年を祝って、カラフルなウェリーたちが加わりました。



ハンター長靴の特徴


ナチュラル・ラテックス・ラバー、自然のゴムの木から取れる樹液(ラテックス)から作られる、俗に言う天然ゴム製ブーツがハンター長靴です。



日本ではハンター長靴をフィールド・ラバー・ブーツと呼ばれますが、英国ではウェリントン公爵が履いたことからハンター長靴をウェリントン・ブーツ(WELLINGTON boots)と呼ばれます。



脚の形にフィットしたハンター長靴のデザインが特徴で、足首の部分のホールド感はまるで編み上げのブーツを履いているようです。いわゆる長靴とは全く違う履き心地です。





Copyright (c) 長靴. All rights reserved.



長靴サイトTOPへ

長靴もおしゃれに

長靴もおしゃれ



長靴もおしゃれなものが増えてきました。



雨の日はエーグルの長靴aigle長靴)を履いて水溜りも除けずに歩くことができます(足元から長靴のゴム臭さがする気もしますけどw)。



最近では、そのエーグルの長靴aigle長靴)、子供用長靴おしゃれ長靴かわいい長靴からグッチの長靴gucci長靴)、エミリオプッチ長靴ヒロミチナカノ長靴など、たくさんの長靴が登場しています。



長靴ブーツというものまで誕生しています。とてもかわいいです。



長靴と傘とお揃いで持ちたい。という方もふえてきています。



少し大人の方でも楽しめる長靴も誕生し、オシャレ長靴婦人長靴などのショッピングコーナーも良く見かけます。






Copyright (c) 長靴. All rights reserved.



長靴サイトTOPへ

エーグル長靴・aigle長靴

エーグル長靴aigle長靴についてご紹介します。



エーグル長靴aigle長靴とは、1853年フランスで生まれました。



“自然”を愛する人のために。



パリから列車で2時間ほど、フランスのほぼ中央にあたるロワール地方でエーグル長靴aigle長靴が誕生しました。



今から150年ほど前、実業家ヒラム・ ハッチンソンがこの地方のモンタルジにラバー工場を設立し、そこからエーグル長靴aigle長靴が生まれたのです。



地元の優れた長靴職人たちを集めて工場で長靴を生産されたのは、ファーマーや田舎で暮らす人々の日常生活に役立つ、防水性と耐久性に優れた天然ゴム素材の長靴・ブーツ。



上質の天然ゴムだけが持つ、柔らかく返りの良い履心地や機能性は、長時間長靴を履き続けても疲れない長靴・ブーツとして信頼を集め、絶大な支持を得ていきました。


AIGLE(エーグル長靴aigle長靴)の1世紀半に及ぶ歴史はここからスタートしたのです。



エーグル長靴aigle長靴の商品を一部ご紹介しますと、




■BENYL MARIN/ベニルマリン


\12,600 (税込)


耐久性があり柔らかくしなやかなナチュラルラバーを使用したカントリーラバーブーツ。男女兼用です。



■ECUYER-M/エクイヤー


\17,850 (税込)


PVC一体成型の乗馬ブーツ。ブラックとダークブラウン、丈の短いジャパンサイズ、ふくらはぎサイズM。



などが、あります。



ロングセラー商品の中には乗馬長靴が有名。



エーグル長靴aigle長靴は、機能性は勿論、スタイルの美しさも大切にしています。



AIGLE(エーグル長靴aigle長靴)が変わることなく追求してきたのは、実用的かつ機能的でありながら、スタイルの美しさを大切にする美意識へのこだわりです。




Copyright (c) 長靴. All rights reserved.



長靴サイトTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。